• 利用する内容によって選ぶサーバーは異なる
  • 年額一括で支払えば少しだけ安くなるサーバーも
  • 機能だけでなくサポート面も要確認
  • 価格が安くても口コミや評判が悪いのはNG

おすすめランキング

WADAX

  • 総合評価97点
  • 費用4点
  • サポート体制5点

初期費用無料キャンペーン

■トライアルキャンペーン(9月30日まで)

2015年9月30日(水)までのキャンペーン期間中に限り、WADAX共用サーバーでは導入ご検討中のお客様に2週間お試しができるトライアルキャンペーンを開催中です!!

ドメインキング

  • 総合評価90点
  • 費用5点
  • サポート体制4点

さくらインターネット

  • 総合評価85点
  • 費用3点
  • サポート体制3点

サーバーの意味

サーバーの意味について

サーバーとはコンピューターネットワークにおいて他の機器に対して機能やサービスを提供する中継点とも言える部分であり、ソフトウェアと呼ばれることがあります。 SVやsrvといった略号で示されることもあるので、こうした単語の方を覚えておくことで混乱を避けられます。 原型とされるServeと呼ばれる英単語には元々提供するといった意味があり、コンピューター以外にも使われることがあります。 パソコン利用者が特定のデータを欲しいといった要求を伝えるとサーバー側はそれに対応して送るといった流れで双方がやり取りを行い、メールなどを送受信出来るのです。 またサーバーからサービスを受けるパソコンのことをクライアントとも呼び、こちらの呼び方も別の方面で使われることがあります。

サーバーの種類について

サーバーにはプロバイダー・コンテンツプロバイダー・動画配信サーバーと呼ばれる幾つかの種類がありますから、注意しなくてはいけません。 一般的なプロバイダーはメールの管理を行い同時に送受信する役割があり、これを利用することで双方が交流を始められるのです。 コンテンツプロバイダーはWebサイトのデータであるHTMLや画像を送信する機能がある種類であり、これを利用しなければ添付して転送することが出来ないのです。 動画配信サーバーは配信事業者が主に使うタイプで映像や音声の配信を行い、それによって訪問者にサービスの提供を行います。 その他にもファイルサーバーと呼ばれるものもありこれには共有ファイルを管理及び公開する役割があるので、今日でも様々な方々が利用し続けています。 大企業向けに使われるブレードサーバーは容量が極めて多く会社の情報を一斉に管理していますし、処理能力が極めて高いタワー型サーバーと呼ばれるものも開発されました。 不具合が起きても対応出来るようハードディスクを複数搭載し、同期させて継続的に運用することでトラブルが起きた際の被害が軽減されています。

Copyright© サーバー価格 All Rights Reserved.