サーバー価格 > サーバーの基礎知識 > クライアントサーバーシステムとは

クライアントサーバーシステムとは


クライアントサーバーシステムについて

クライアントサーバーシステムとはコンピューターとサーバーの両方をクライアントに分けて役割分担を行い、運用させる仕組みのことを言います。
LANを利用した典型的なクライアントサーバーシステムは全員が共有したデータが置いてあるサーバーが使われており、そこに普通のユーザーが利用するクライアントが複数接続されているのです。
クライアントはサーバーから送られた要求を行い、それに対応してサーバー側は指示通りのデータを送るといったことを始めます。
またサーバーが管理しているプリンタに対しクライアントが印刷を行って欲しいといった希望をデータとして送ることでサーバー側は受け取った内容をプリンタに送信し、処理するといったことも始めています。

クライアントサーバーシステムを構築する為には通常のLANを構成する機器に専用のサーバーも必要となるので、予め用意しておく必要があるのです。
規模の大きいLANを利用する際にはサーバー専用のコンピューターを使う必要がありますが、逆にそれ程大きくないものを使う時はオペレーティングシステムが導入されたパソコンを使うことで構築を始められるのです。
基本的にサーバーとクライアントの接続にはピアツーピア接続と同じくLANケーブルとハブを使う必要がありますから、こちらの方も準備も整えなくてはいけません。
後は各サーバーのIPアドレスをチェックして双方がきちんとやりとり出来る状態を整えておき、エラーが起きた際に解決出来るようにします。
情報を送信したがエラーが出てくる時は送り先のIPアドレスが間違っている可能性がありますから、コントロールパネルから設定を行って下さい。
全ての利用者のIPアドレスを予め確認してメモを取ることでスムーズに対応出来るようになるので、クライアントサーバーシステムを構築する際にはこうした点も忘れないようにしましょう。

おすすめランキング

WADAX

  • 総合評価97点
  • 費用4点
  • サポート体制5点

初期費用無料キャンペーン

■トライアルキャンペーン(9月30日まで)

2015年9月30日(水)までのキャンペーン期間中に限り、WADAX共用サーバーでは導入ご検討中のお客様に2週間お試しができるトライアルキャンペーンを開催中です!!

ドメインキング

  • 総合評価90点
  • 費用5点
  • サポート体制4点

さくらインターネット

  • 総合評価85点
  • 費用3点
  • サポート体制3点
Copyright© サーバー価格 All Rights Reserved.