サーバー価格 > サーバーの基礎知識 > サーバーダウンの原因

サーバーダウンの原因


サーバーダウンの原因について

サーバーダウンの原因は様々なものがありますが取り分け多いのはやはり過負荷だと言えるのです。
集中的にアクセスの頻度が多くなりCPUの使用率が100パーセントになると適当なプロセスが機能しなくなり、大切なサービスの部分が動かなくなると落ちてしまいます。
またレスポンスが極端に落ちるといった問題も出てくるようになって、応答されにくくなるトラブルも相次いで起きます。
その他にも停電・サーバーの故障・バグ・外部から加えられた攻撃といったものも原因として挙げられており、いずれも大きなダメージを与えることで他の機材を同調させて負荷を軽減させる或いは損傷の度合いを減らすといった工夫が行われているのです。
近年ではメモリ不足が影響して処理に対応出来なくなりそれが原因でサーバーダウンが起きているといった事態が起き始めています。
アクセスが集中するとその分対応しなければいけませんが、この時に必要な数値が足りていないと落ちる可能性があります。
基本的にサーバーはある程度メモリを多めにしていることが多いのですが、人気の高いサイトといった所はどうしても予想を超えた負荷が生じる可能性があり、100パーセント落ちないとは言い切れません。
その為レンタルサーバーを貸出する業者では定期的にバックアップを行っており、修復に要する負担を大幅に軽減させていますが、やはりメモリの多いサーバーの方が安全性は高いです。

復旧について

万が一利用しているサーバーが落ちた際には一度データセンターに連絡を入れて修復担当のスタッフを呼び、アラームをチェックして復旧手順を実行させてもらう必要があります。会社といった所ではサーバーの管理を担当するスタッフを呼んで、代わりに復旧してもらうのが普通の流れとなります。
自宅のパソコンをサーバーにしている時はスイッチを入れなおすといった方法で再度起動させることで解決出来ますので、なるべくバックアップは行っておくのが良いです。

おすすめランキング

WADAX

  • 総合評価97点
  • 費用4点
  • サポート体制5点

初期費用無料キャンペーン

■トライアルキャンペーン(9月30日まで)

2015年9月30日(水)までのキャンペーン期間中に限り、WADAX共用サーバーでは導入ご検討中のお客様に2週間お試しができるトライアルキャンペーンを開催中です!!

ドメインキング

  • 総合評価90点
  • 費用5点
  • サポート体制4点

さくらインターネット

  • 総合評価85点
  • 費用3点
  • サポート体制3点
Copyright© サーバー価格 All Rights Reserved.