サーバー価格 > サーバーの基礎知識 > サーバー構築方法

サーバー構築方法


サーバー構築を始める際に必要なものについて

独自にサーバーを構築してパソコンの運用と管理を始めたい時はまずインターネット回線を利用出来るよう契約を結び、そこから専用のマシンを購入しましょう。
サーバーマシンには一般的なものから企業で使う大規模なタイプまで様々な種類が用意されていますので、事業などの規模に合わせたものを購入して下さい。
次にドメインの取得ですがこちらはネットワークインフォメーションセンターと呼ばれるところが管理を行っているので、連絡を入れて登録手続きを済ませなくてはいけません。

サーバー構築方法について

専用のサーバーを自宅に作ることで数十GB以上の容量を使ってホームページを作り出せますし、無制限にメールアドレスを作成出来るので大幅に自由度が高まります。
サーバーに使用するパソコンは可能な限り性能が高く信頼性もある機材の方が有利なのですが、途中でシステムがストップしても構わない時は中古のものでも問題はないです。
複数台のパソコンを使う時は専用のルータを購入するようにし、双方がやりとり出来る状態にする必要があります。
この時点で既に情報の管理を行う為に必要なインターネット回線に繋いでいるはずですから、後はHTTPサーバーなどを本格的に構築します。
専用のソフトをダウンロードして使用し、設定画面で処理を済ませることでサーバーがスタートするので難しい操作は要求されません。
メールサーバーなどの構築も基本的には専用のソフトをダウンロードして解凍し、そこからプログラムをダウンロードすることで済ませられます。
余裕がある時はSSLと呼ばれるセキュアソケットレイヤーを使ってセキュリティを強化し、万全の状態に整えるのが良いです。
ホームページを作る際にはセキュリティ面を強化することが大切となりますので、証明書を発行してクライアント認証を済ませて下さい。
悪質な訪問者の攻撃を防ぐ為にはこうしたセキュリティが欠かせません。

おすすめランキング

WADAX

  • 総合評価97点
  • 費用4点
  • サポート体制5点

初期費用無料キャンペーン

■トライアルキャンペーン(9月30日まで)

2015年9月30日(水)までのキャンペーン期間中に限り、WADAX共用サーバーでは導入ご検討中のお客様に2週間お試しができるトライアルキャンペーンを開催中です!!

ドメインキング

  • 総合評価90点
  • 費用5点
  • サポート体制4点

さくらインターネット

  • 総合評価85点
  • 費用3点
  • サポート体制3点
Copyright© サーバー価格 All Rights Reserved.